やりたいこと、やるべきこととやれること

今日電気通信大学の箱崎先生の最終講義を聞きに行きました。講演題目:「ある情報システムエンジニアの軌跡」。

第5世代コンピュータの話もあり、そのころも日本で仕事をしているが、中国人であるため、参加できなかったの記憶がよみがえた。

スライドに、僕の名前もありました。本当に恐縮です。手伝えたことはいろいろありましたが、貢献という程度のものはなかったと自覚しています。

講義の最後に、「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」についてスライドがありました。自分も常に「やりたいこと」「やるべきこと」が重ね少ないから、いつも悩むだけど。というのがバランスしているのが一番良い状態なんだろうな。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *