iUPS

ネットから利用できる情報の量がさらに増えて、情報の変化ベースも速まってきてる。利用者が自分にとって有用な情報を選別することがますます困難になってきた。

UPS(Ubiquitous Personal Study,ユビキタス個人書斎)は情報の進化に伴う、個人情報を組織し、自分の手元に一括の管理するように、研究を進めています。

UPSは個人化情報ポータルです。個人持っている情報の組織化を手伝いします。情報を階層化して、ユビキタス環境、そしてクラウド環境でもその環境に適応した情報を提供します。さらにStream環境でも対応し、個人と友人のStreamを収集し、組織化して、そこから有用な情報を利用者に提示することて、ますます速くなったStreamの流れから容易に自分に関連する情報を掴めることができる。

このサイトの一部内容はゲストでも見れます。Twitterのアカウントでログインして、より詳細な情報が見れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *